読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生どうしよ

この春社会人となった人生に悩める商社マンのお話

今していることの価値は?

みなさまこんばんは、リュウです。

 

今日はもう遅い時間なので手短に(眠いだけ)

 

 

皆さんは、今自分がしていることの価値をどのように考えていますでしょうか?

 

誰かの役に立っている、誰かの幸せに貢献している、困っている人を助けているという自負があるでしょうか?

 

それがあると、毎日の勉強・仕事が少し楽しくなりますよね。

 

今日はそんなことを思っただけの1日でした。

 

ではおやすみなさい。

野望は?

みなさまこんばんは。リュウです。

 

いつもいつもこんばんはですみません。たまにはこんにちはしたいんですけどね。

 

昼に更新すればもう少し人の目に触れることができるのでしょうか。

 

 

更新時期によって閲覧回数も変化するんですかね。少し気になったので今度調べてみたいと思います(宿題)

 

さて、今日は会社の忘年会で、お偉い方々とお酒を飲みながらお話をする機会があっtのですが、皆さん口々に「野望」の大切さを語ります。

 

「こうなりたい」

 

「こういうものを売りたい」

 

「こういう世界を作り上げたい」

 

そういう人々の「野望・欲望」が今の世界を作り上げてきたんですね。

 

なんて大きなことを言いましたが、要は仕事も同じなのかなと。

 

「これをやらなければいけない」

 

より

 

「これをやりたい」

 

と思えた方が絶対に楽しい。

 

「楽しい」は最強ですよね。なんでもできます。

 

そりゃつまらない仕事もありますよね。ましてや僕のような新入社員なら尚更。

 

 

「これも経験だから」

 

なんて口車に乗せられて雑用を押し付けられた経験、同じ新入社員の皆様ならあるはずです。

 

でも、そんな仕事でも、

 

 

本当に

 

 

「これも経験だから、やりたい」

 

 

って思えたらもう最強。

 

 

自分を自分で騙すわけではないけれど、どんな仕事でも

 

「やりたい」

 

と思えたもの勝ちですよね。

 

 

そういう小さな「やりたい」が積み重なって、大きな「野望」へと変わるのかなと。

 

 

小さい「やりたい」をたくさん積んで一つの大きな

 

「野望」

 

を生み出したい。

 

 

それができれば23歳にして迷走している僕の人生にもなんらかのヒントが得られるかもしれない。

 

 

いや〜、もっとギラギラしていたい笑

 

 

誰からも必要とされるって?

みなさまこんばんは。リュウです。

 

さて今日は一通りの用事を済ませた後に大学の友人と食事しました。

 

彼は就職はせず、医者になるべく日々勉強をしているのです。

 

そんな彼の周りには優秀な人が実に多いらしく。

 

ビジネス、スポーツ、芸術等あらゆる分野の第一線で活躍している人がいるようです。

 

素晴らしいですね、そんな環境に身を置けるなんて。

 

そういう人々は誰から必要とされ、またどのようなフィールドにおいても活躍できる人材に違いありません。

 

僕もそういう人間になりたいものです。

 

誰からでも必要とされ、期待に見合っただけの活躍ができる人材。

 

どうすればなれるんでしょうね?

 

考えれば考えるほど自分に足りないものばかり思い浮かびますが、自分にだって人にはない強みがある・・・・はずなんです(そう思いたい)

 

人には誰にでも誰にも負けない魅力、特技、強みがあるはずで、それは他の人を幸せにしたり、救ったりするのに大きな力になるはずです。

 

それに気づけた人が今この世界の最前線で活躍している人たち。

 

そしてそうでない人たち(何を持って活躍とするかは定かではありませんが)は、それを見つけることができていない、もしくは探していない人。

 

つまり生まれ持った能力の優劣ではなく。”優”を見つけられるか否かに成功の鍵は隠れているような気がします。

 

 

なんてふわっとした根拠もないことをつらつら書きましたが、人生要するにその自分が自分たらしめるものを”全力で探したか”によって充実度は大きく変わってくると思うんです。

 

 

だから僕はそれを見つけたい。

 

この

 

「人生どうしよ」

 

状態の脱却を目指して。

ネットビジネスで人生が変わる?(疑)

みなさんこんばんは。リュウです。

 

いきなりうさん臭いタイトルですみません。内容は怪しい勧誘等ではございませんのでご安心を(そうアクセス数3なのでおそらく誰も気にしていない。気にしてほしい)

 

さて、以前からお伝えしているように私リュウは今年春から晴れて社会人になったわけなのですが、やっぱり想像以上に難しい世界なんですね、社会って。

 

会社というところに属すると、一社員は会社の目的を達成する歯車でしかないわけで。

 

組織にとって必要不可欠な存在など会社にはいないことがよくわかります。

 

極端な話、社長が明日何らかの理由で命を落としても数日後には後任が決まり、

何事もなかったかのように経営がなされていくでしょう。

 

そんな知らなかったようで当たり前すぎる事実に直面し、果たして自分の選んだこの会社員という道が正しかったのか疑問に思うことがあるわけです。

 

思えば学生時代の自分は本当に視野が狭かった。

 

卒業後の進路は「企業への就職」しか選択肢になく、他の可能性を一切考慮せず就活をし、今の企業への切符をいただきました。

 

この道を選んだことに後悔はしていません。

 

でも、もし自分が少し前にもっと広い視野で人生を考えていたら、と思うと。

 

人生にタラレバは禁物ですが、今の自分異なる自分の姿を想像してしまいます。

 

さて、そんな悩みをモヤモヤモヤモヤモヤモヤモy(しつこい)と抱えていた矢先、友人がネットビジネスを始めました。

 

それは世間でも最近認知され始めている「アフィリエイト」と呼ばれるもので、簡単に言うと

 

「自分のブログに商品/サービス等の広告を掲載し、ブログを訪れた人がその広告をクリック、もしくは宣伝されているモノを利用/購入したらその売り上げの何割かが自分の懐に入る」というもの。

 

 

聞くと簡単そうですがこれが意外と、いや普通に難しいとのこと。

 

言われてみれば当然ですよね。

 

芸能人でもない、どこの誰が書いたかわからない宣伝記事に乗せられて商品を買う人がいるでしょうか。

 

 

仮にいてもよほどの文章力、その商品/サービスを本気で薦められるだけの熱い気持ちがなければ読者は見向きもしないでしょう。

 

それどころか、怪しいサイトのレッテルを貼られこれまでの読者が去って行くかもしれない。

 

 

ここまで書いておいてですが、実は僕も実施を検討しているんです。

 

自分がお勧めしたいものを、読者の方々が興味を持ってもっと調べてくれたり、実際に興味を持ってくれたら嬉しいですもんね。

 

今後このブログに広告が載るかもしれませんが、それはあくまで僕が本当にお勧めしたいモノのみ載せますので。

 

どうかご安心下さい。

 

では!

 

 

 

 

良い休日って?

みなさんこんばんは。リュウです。

 

今日は土曜日、休日です。

 

一般的に働いているひとは土日が休みですよね。せっかく7日に2日しかない休み、有意義に使いたいところですがなかなか上手くいかないものです。

 

早起きしようと思っても昼に起き。

 

予め立てていたスケジュールも大幅カットを余儀なくされ。

 

今は勉強しているはずなんですが何を隠そうブログを書いちゃっています(みなさんのために!恥)

 

僕は基本的に土日の休みは人生を考える時間にしようと思っているんですが、これもあまりできていませんね。

 

「人生を考える」なんて哲学的でかっちょいいこと言いましたが、

 

「これからの人生どうしよ〜」

 

何て呟きながらボケーっとしてるだけなんですけどね笑。

 

でも生まれてから二十歳までと、残りの人生の体感時間は同じだとよく言われていますよね。

 

そうなると23歳といえど僕の人生は既に半分終わっているわけで。

 

残された(というにはまだ長すぎるけれども)人生をいかに生きるか、時には立ち止まって考える時間ってとても大事だなぁと思うこの頃です。

 

立ち止まってる暇があったら進めと言われてしまう気がしますが笑。

 

あ〜

 

人生どうしよ!(ボケー)

自分の当たり前は当たり前?

皆さんこんばんは。リュウです。

 

みなさんと言いつつ相変わらず総アクセス数は2ですが気にせず更新していきますよ。

いやさすがに少しは気にしますよ!

 

でもいいんです。書き続けていればいずれは誰かの目に止まるはずです。

 

でもそろそろブログのコツとか勉強しようかな。何て思ったりもして。

 

さて、わたくし先ほど無事初出張を終え東京の自宅に帰宅致しました。

 

不安しかない出張だったんのですが、収穫も多く大変学びの多い出張でした。

 

社会人になり、今いる部署に配属されてまだ8ヶ月足らずですが、すっかり自分の会社、部署の価値観に染まりきっていたんだろうなと。

自分たちのしている仕事が正しく、業界の当たり前だと思い込んでいたんだろうと。

 

外の環境に触れることは本当に大事です。世界は広いんです。

 

自分の考え、当たり前はいつも正しいわけじゃない。

 

というか99.9%間違っていることの方が多いんですね。

 

いや、それが間違っていなくてもそれがオンリーワンの正解ではない。

 

非常にふわっとしてますがそんなことを強く感じした出張でした。

 

明日は出張結果を上司に報告。

 

うまくアウトプットできるでしょうか。

 

結果は後ほどご報告します。

 

それでは。

 

あ〜

 

「人生どうしよ」

 

 

知りたい情報・知るべき情報2

みなさまこんばんは。リュウです。

 

初出張1日目、無事に乗り切りました!応援して下さった皆様ありがとうございます!(相変わらず読者ゼロだけど!)

 

さて、前回の記事ではブログ人口、スマホ普及についてお話ししてきましたので、今回は人々が触れる情報の質について僕なりの考えをお話しさせて頂きたいと思います。

 

「情報社会」と呼ばれる昨今、ググれば知りたい情報はほぼ確実に手に入ります。

 

でも、皆さんが検索することって、偏っていませんか?

 

世の中には、知りたい情報と知るべき情報の2つがあると思うんです。

 

知りたい情報とは、みなさんが興味のあることです。好きなアイドル、スポーツ、音楽、趣味などがこれにあたります。スマホをお持ちの皆さんは1日に必ず一度は自分の好きなこと、知りたいことを検索されるでしょう。

 

 

そして知りたい情報とは、これを定義するのは難しいのですが、人として知って置くべき最低限の教養、世界情勢、政治/経済のニュースなどがこれにあたるのではないでしょうか。

 

でも、興味がなければそんなこと調べもしないですよね?

 

家で、通勤/通学中、ちょっとした空き時間にスマホでニュースを、新聞を読む人がどれだけいるでしょうか。あくまで僕の所感ですが特に若者に少ない傾向にあると思います。

 

 

知りたい情報はキーワードをググるだけで1秒もかからずリーチできますが、結局人々が検索する情報はあくまで自分に興味の範疇ではないでしょうか。

 

これでは「情報社会」とは言えません。どれだけネットが、スマホが普及したところで人々が求める情報の質は変わらないのですから。

 

 

何を持って「知るべき情報」とするのか。難しいところですが、人々がより知るべき情報を知りたい、調べたいと思えるようなメディアの仕組みを考えたいものです。