人生どうしよ

この春社会人となった人生に悩める商社マンのお話/駄菓子マン

「考える力」is すべてな世界 〜Don`t Think, Feel〜

みなさんこんばんは。リュウです。

 

先週はブログを更新できず申し訳ございませんでした。

 

「読者もいないのに誰に謝っているんだ?」

 

と毎回自分にツッコミを入れていましたが、実は徐々に、

 

本当に徐々に、

 

すこーーーしずt(しつこい)

 

このブログを読んで下さっている方が増えているみたいなんです!

 

このブログをお読みになってくださった皆様へ。

 

見つけていただいて本当に有難うございます。

これからも定期的に更新していくので暇つぶしにでも目を通してやってください。

 

さて、僕も晴れて社会人2年目となり、来週にはとうとう社会人となって初の後輩が入ってくるわけです。

 

「自分より優秀でイケメンで生活の良いヤツだったらどうしよう」

 

なんて器の小さいことしか考えられない(本当に恥ずかしい)僕ですが、

 

ここで社会人1、2年目の方々にオススメしたい日常の過ごし方があります。

 

オススメというより、今自分が一番力を入れていることなので、少しご紹介させてください。

 

ズバリ、社会人にとって一番大事なのは、

 

「自分でものを考える力」

 

だと僕は思っています。

 

ビジネスマナー、仕事の仕方・姿勢、業界知識等等は研修の機会もありますし、仕事をしていけば自動的に身につくものでもあります。

 

いわば、リアクティブ(受動的)なスキルですね。

 

でもこの、

 

「自分の頭を使って思考する」

 

能力は、自らプロアクティブ(主体的に)実践して初めて身につくものだと僕自身感じています。

 

大学生までは、ある程度その場のノリで行動しても何とかなったりするものです。

 

かくいう僕もこれまでの人生ほとんどノリと少しの運で何とか生きてきました。

本当にラッキー尽くしの人生だったと思っています。

 

でも社会に出るとそうはいきません。

 

運も多少の要素として必要ではあると思いますが、社会という名の世界では、

 

「いかに自分の頭でいろいろなことに考えを巡らし、結論を出し行動できるか」

 

が何よりも大事になってくると思うんです。

 

特に新入社員の方々は、配属されて最初の頃は本当につまらない仕事ばかり任されるでしょう。

 

「どんな仕事でも意味があるから丁寧にやろう」

「はじめは基礎から」

 

なんてもっともらしいことを先輩や上司から言われ、それも決して間違いではないのですが、

 

そういういわゆる「作業」はいつか必ずロボットに代替されます。

 

「作業が前より速く正確にできるようになった」を成長と勘違いしてはいけないと自戒の意味も込めてお伝えしたいです。

 

これからの時代、

 

会社で活躍するには、

 

お客様に満足いただける商品・サービスを生み出すことができるのは、

 

何より一番成長できるのは、

 

「自分の頭で考えて考えて考えられる」

 

人ではないでしょうか。

 

そのためには1年目から考える癖をつけること。

 

そして

 

「考えることを楽しむこと」

 

これが一番重要になってくると思います。

 

僕が考える力を養う上で試していること、読んで大変勉強になった本も今度紹介させていただきたいと思っていますので、そちらも読んでみてください。

 

すご〜く長くなってしまいましたが今回は以上です!

 

"Don`t Think, Feel"