人生どうしよ

この春社会人となった人生に悩める商社マンのお話/駄菓子マン

強烈なアウトプット

みなさんこんばんは。リュウです。

 

しばらくブログを放置している間にアクセスが激増しておりました。何の肩書きもないペーペーの社会人2年目のブログに目を通してくださっている方いると思うと感無量です。

 

これからも定期的に更新は続けていきたいと思いますので、ぜひ目を通されるだけでなく感想も頂けると嬉しいです!(わざわざ書かねーよ、ですよね泣)

 

さて本日は、社会人そしてビジネスマンとして必要不可欠な、

 

「問題解決の思考法」を1日の研修を通じて学んできました。

 

一商社マンとして、めまぐるしく変化するこの社会で生き残り、結果を残し続けるには、この

 

「考える力」が何よりも必要不可欠になります。

 

ただでさえ世の中のほとんどの仕事がAIに代替されると叫ばれる昨今、1-2を3を、4を生み出していく作業はいとも簡単に機械に代替されます。

 

既存のものを発展させていくことについては人間は既に機会には太刀打ちできないのではないでしょうか。

 

では、僕ら人間に何ができるか。それは、

 

「0から1を生み出す」

 

ことではないかと思うんです。

 

いろんなものが溢れかえる世の中において、実質"0"はもうないかもしれませんが、

 

過去人が考え物かなった価値を提供できるのは機械ではなく我々人間の生きた脳こそができる最上級の能力なのではと思います。

 

機会に代替される未来を恐れるのならば、

 

機会が追いつかないくらい次々と新しいものを生み出していけばいい、

 

と僕は思います。

 

何て偉そうなことをまくしたてましたが何も達成しても作り上げてもいないんですけどね笑

 

とまぁ壮大なことを書いてしまいましたが、この「思考法」は今の世の中必須です。

 

「考える力」こそが人の進化の源泉であるのかなと思っています。

 

今日はそんな思考法の一部を学べた非常に有意義な1日でした。

 

但し、研修で身につけるのはあくまで「形」であり、「枠組み」であって、今日の研修で全てを身につけたかと言われればノーです。

 

繰り返し反復し、得た知識を実務の中で活かすよう絶えず意識する。

 

この強烈なアウトプットを通じて初めて学んだことが自分のものになるのかなと思います。

 

学んだことは確実に自らの血肉とする。せっかくのインプットを無駄にしないためにこれを日々心掛けることをこのブログにて誓いたいと思います。

 

最近いろいろと悩んだりもしてるので、それもまたこのブログで共有させていただいて、いろんな意見・アドバイスを頂戴できればと思います。

 

以上です!お読みいただきありがとうございました。