人生どうしよ

この春社会人となった人生に悩める商社マンのお話/駄菓子マン

心を”無”にする?整えるじゃなくて?

皆さんこんばんは。リュウです。

 

初めて自分のデスクの上でブログを書いています。今まで机は物置でしかなかったのですが、

 

昨日いきなり思い立って断捨離。

 

大学時代のもう読まないであろう書物を一掃しデスク上にあるすべての読み物を撤去しました。

 

机上の空論ならぬ机上の書物とはおさらばです。

 

さて、僕は最近寝る前の”瞑想”にハマっています。

 

決してオカルト的なものではございません。瞑想なんて大層な言い方をしましたが、ただ目を瞑って、ヘソの前で手で輪っかを作って心を無にするだけです。

 

心を無にする”だけ”、これが本当に難しい。

 

心、脳とも言い換えることができると思います、はとにかく忙しい。身体は休めることができますが心は休みません。

 

そして休み方を知りません。心の持ち主である僕自身さえも。

 

だからこそ、休めます。もう強制です。心の持ち主である僕が命令します。

 

まぁ命令しているのも脳であり心である自分なので、命令する側と従う側が同じになっているんですけどね・・・

 

とにかく、心を無にして、ただそこにいる自分を客観的に見つめる。

 

それだけで、なぜか少しだけ1日の汚れを落とせたような気がします。

脳内洗浄とでも言いましょうか。

 

世間では最近「マインドフルネス」などと呼ばれ大手外資系企業も続々と導入していますが、実はこれ、

 

僕が常に悩まされている「吃音」にも一定の効果があるとかないとか。

 

心無にして、文字どおり「今」に集中することで、吃る「未来」への恐怖を軽減することができるのだとか。

 

もちろん、確立された治療法ではありませんし、気休め程度のものでしょう。

 

でも、少しでも症状が軽減されるのであれば、なんでも試してみたい。

 

藁にもすがる想い、とは少し違いますが良いと思ったものはどんどん取り入れていきたいですね。

 

心無にすることは決して悪いことではないと思いますし。

 

さて、そろそろ無になる時間がきましたので本日はここまでしたいと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

さて、机の次は心の掃除や!

 

以上です。