人生どうしよ

この春社会人となった人生に悩める商社マンのお話/駄菓子マン

何もない日も外に出よう〜散歩のススメ〜

みなさんこんにちは。リュウです。

 

最近すっかり寒くなりましたけど、風も心地良くて、お風呂が気持ち良い季節になってきましたね。

 

さて、今日は久しぶりに一切予定がなく1日家でゴロゴロしていました。

たまにはこんな日も良いかなーと思いつつも、やっぱり1日外に出ないと逆に疲れるというか、

 

「1日無駄にしてもうた!」

 

感が強くなりませんか。

 

自分も今日そう思って散歩に出てみました。

 

一切目的のない。「ただ歩く」

 

散歩っていつぶりだったでしょうか。

 

結局15分くらいで帰宅してしまいましたが、それが予想せず非常に有意義な時間でした。

 

本日はみなさんに今日僕が15分で感じた、

 

散歩のススメ

 

について語っていきたいと思います。

f:id:liferider:20171119174800j:plain

 1. 人々の触れ合い

 2. 空気が旨い

 3. 深思考

 

1. 人々の触れ合い

僕の住んでいるところは東京ですが下町っぽさがありどこかゆったりとした空気が流れています。

 

今日は日曜の午後ということもあり、犬の散歩をしている人、買い物帰りの人、野球帰りの少年たちなど、

 

多くの人が道を歩いていました。

 

盗み聞きをしているわけではありませんが、それらの人々が交わしている会話がなんとも心地よいのです。

 

「今日はホームランが打てた!」

 

「友達とおにごっこして楽しかった!」

 

「正月に孫が来るからおせち料理を作るんだよ。」

 

なんと言えばいいのでしょうか。

 

「人の数だけ、人生があるんだなぁ」

 

と感じる瞬間でした。

 

たかだか15分あてもなくその辺ブラブラしただけなのですが、道をすれ違う人々の会話にとても心を暖められる瞬間でした。

 

これだけでも、意味もなく散歩に出かけた甲斐があったなぁと思えました。

 

f:id:liferider:20171119175700j:plain

 

2. 空気が旨い

以前以下の記事で「深く、ゆっくり」呼吸することの大事さをお伝えしましたが、散歩はそれを意識的に実践する最高の機会です。

liferider.hatenablog.jp

 

人々の声、自然の音、風を感じながらゆっくり深呼吸する。

 

それだけで心身ともにリラックスでき、平日のストレスを軽減できます。

 

ただ大きく息を吸って、吐くだけ。

 

気持ちを口角をあげると、よりリラックスできる気がします。

 

車の通っているところではなく、なるべく木々が生い茂っているところをオススメします。

 

月に一回自然に触れる機会を持つことも上の記事でオススメさせていただきましたが、

遠出しなくても緑を見て、聞いて、感じる機会は意識的に作っていきたいですね。

f:id:liferider:20171119181404j:plain

 

3. 深思考

最後はこれ、

 

「深思考」

 

です。

 

何かを考える時、

 

「考えよう!」

 

と思ってもなかなか始められるものじゃないですよね。

 

ついついゲームを始めてしまったり、スマホに手を伸ばして気づけば1時間youtube見ていたなんてことがしょっちゅうです。

 

身の回りに誘惑があるとついついそれに手を出してしまうのが人間というもの。

 

そもそも考えるとは行為であるものの、特定の身体の部位を動かすものではありません。

 

故に他の動作に気をとられしまうのも仕方のないことかもしれませんが、これでは何時まで経っても考え事なんてできやしません。

 

よって、自らをあらゆる誘惑から断ち切る必要があります。

 

でも喫茶店に行ったのではお金もかかるし、他の人の会話があらゆる誘惑となってしまうこともあります。

 

スマホだって使い放題です。

 

そこでみなさんにオススメしたいのが、

 

「何も持たないで散歩に出かけること」

 

スマホという情報の権化から自らを引き離し、頭をからっぽにして歩く。

 

考え事の準備は整いましたね。

 

あとは思う存分考えるだけです。

 

何もない日でも15分は散歩に行こう。

以上、非常に大げさに僕が進める、

 

「散歩のススメ」

 

をお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか 笑

 

「ただ、歩く」

 

これだけのことが体にも心に良いだなんて。

 

24歳にして改めて感じることができました。

 

スマホだけが世界の全てではありません。

 

自宅から徒歩15分圏内の何気無い日女風景もまた、世界。

 

普段見落としがちなところから、一つでも多くのことを発見し、何かを感じ取っていきたいなと思えた休日でした。

 

以上です。