人生どうしよ

この春社会人となった人生に悩める商社マンのお話/駄菓子マン

適度にカラダは鍛えよう モノマリストはボディから?

皆さんこんばんは。リュウです。

 

リュウ、これまでこちらはてなブログさんでお世話になって来ましたが、そろそろワードプレスへ移行しようかなぁと考えております。

 

媚を売るわけではありませんが、やっぱりはてなブログは僕みたいなプログラミングはおろかパソコンの使い方もろくに知らない僕でも使いこなすことができました。

 

こうして1年以上もブログを続けてこれたのもはてなブログさんのおかげですね。

 

ただこれから本格的にブロガーとしても活動していくことを考えると、カスタマイズ性とかではやはりワードプレスに軍杯が上がるようです。

はてなブログの方がええで、という方がいらっしゃいましたらコメントください笑)

 

ただその移行作業がとてつもなく難しいらしい。

 

始める前からだいぶ億劫になっている自分がいますが、諦めずに近日中にやっていこうと思いますので、ブログの場所が変わってもお読みいただけると嬉しいです。

 

さて、本題ですが、僕は最近筋トレにハマっています。

 

ハマっていると言っても週に何回もジムに通っているわけではなく、多くて3回くらいですし、一回のトレーニングも1時間くらいです。

 

特別なメニューがあるわけでもなく、毎回5km走ってそのあとは自分の鍛えたいところを鍛える。

 

それだけです。

 

始める前に軽くストレッチをするだけで、トレーニング後にプロテインを飲んだり、入念なマッサージをしたりも一切ありません。

 

これでハマっているだなんて世間から怒られてしまいそうですが、社会人になって早2年、10kg弱太ってしまった自分にしてみれば大きな一歩を踏み出したと言えるでしょう。

 

なぜ、今筋トレを始めたのか。

 

それは最近僕が憧れている、

 

”モノマリスト”

 

から来ています。

 

number333.org

 

以前もご紹介させていただきましたが、こちらは僕が最近隅から隅まで読み漁っている、

 

"monograph"

 

「ときめく”モノ”をあつめよう」

 

をテーマにiphonemacbookなどのガジェット系や、カバンや財布などの日常アイテムや文房具など、日々を豊かにしてくれる様々な”モノ”を紹介してくれるブログです。

 

一枚一枚の洗練された写真に加え、それぞれのモノが

 

”いかに生活をより豊かなものにしてくれるか”

 

非常にわかりやすくユーザー目線で書かれており、すべての記事が物欲を刺激してくれます。

 

”モノ”紹介ブログにとどまらず、新しい”ライフスタイル”を提案してくれる、20代の若者にとっては人生のバイブルと言っても過言ではないブログだと僕は思っています。

 

さて、このブログの中で記載されている、

 

”モノマリスト”

 

という言葉が僕は大好きです。

 

number333.org

 

"一つひとつのモノと真剣に向き合い愛情を注ぎながら、こだわりのモノ、ときめくモノを周りに集めていく人達のことをなんと呼ぶのか僕はずっと考えていました。モノを減らす意味合いの強い「ミニマリスト」とも少し違うし、モノをただ集める「コレクター」とも違う。自分にとって必要な、厳選されたときめくモノだけを周りに置く人々。僕はこの人達を「ミニマリスト」の一つの派生系で「モノマリスト」と呼んでみようかなと思います。「モノ」を基軸に「生活」を考え、こだわりを持って愛情を注いでいる人。"

https://number333.org/2017/12/31/monomalist/ より転載)

 

自分の周りの一つ一つのモノにこだわりと愛情を注ぐ。

 

安物買いの銭失いではいけない。反対に高級なブランドモノで身を包めばいいわけでもない。

 

自分の買うものに対して、どれだけ妥協せず長く大事に使えるものを選ぶか。

 

そんな”モノ”に対する強い想いに僕自身も感銘を受け、モノマリスト道を勝手ながら真似させていただいています。

 

ただ、僕は”モノ”を買う以上にこだわらなければいけないある”コト”に気づきました。

 

それは自分の

 

「カラダ」

 

です。

 

 

カラダを”モノ”扱いすることには自分でも少々違和感はありますが、カラダは人間が生まれてから死ぬまで使い続ける、最初に手にする最も大切な”資産”です。

 

”カラダ”があって僕たちは食べ、飲み、働き、喜怒哀楽を表現し、生活していくことができます。

 

元気なカラダがあって初めてモノを買うこともできる。

 

”元気があればなんでもできる」

 

とはよく言ったものだと思いますが、これはどちらかというと、

 

”元気がないと何もできない”

 

ではないでしょうか。

 

とにかく、人は健康なカラダがあって初めて豊かな人生を追求することができる。

 

そういう意味では、自分が生まれたときから持つこのカラダにこそ、最もこだわりと愛情がひつようなのではないかと僕は思います。

 

だから、最低限の運動はする。

カラダも鍛える。

 

アスリートやボディビルダーのようなガチガチのボディを目指しているわけではありません。

 

ただ、いつでも脱げる程度の(脱ぎませんが)綺麗なカラダは作りたい。

 

そんな想いです。

 

これから僕は勝手にモノマリストを名乗って、持ち物には特大のこだわりと愛情を持っていきたいと思いますが、どうようにカラダのケアにも気を配って行きたいと思います。

 

いくら魅力的な”モノ”に囲まれていても、それを使う主体となるカラダがボロボロでは格好つかないですからね。

 

f:id:liferider:20180311231254j:plain

そういえばこの前、横浜の赤レンガ倉庫で開催されたリレーマラソンに参加して来ました。

 

僕の総走行距離は5kgとかなり短いのですが、情けないことに死ぬほどきつかったです泣

 

でもこうして仲間と楽しみながらカラダを動かすのも最高ですよね。

 

モノ選びもカラダ作りも戦力で楽しんでいこうと思います。

 

以上、今日は僕の勝手な決意を記した自己満記事でした笑

 

では。

人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに

人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに